キャンプの神様

神様、あの頃の感動をもう一度…。ソロキャンプデビューします!

キャンプの大定番 ユニフレーム 焚き火テーブルを使ってみての感想(使用レビュー、口コミ)

ありがとうございます!
お陰様でランキング急上昇中o(^o^)o

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
ども、やっしーです。

今回はキャンプテーブルの大定番!一家に1台は使用されていると言っても過言ではない『ユニフレームの焚き火テーブル』について書いてみたいと思います。

私が購入したのは10年くらい前。
使用頻度は年1・2回でしたので、今も綺麗な状態を保っています。

ユニフレーム UNIFLAME 焚き火テーブル 682104

ユニフレーム UNIFLAME 焚き火テーブル 682104

《スペック》
■サイズ
使用時: 55×35×37(高さ)cm
収納時: 55×35×2.5(厚さ)cm
■材質
テーブルトップ: 18?8ステンレス0.8mm厚・特殊エンボス加工
サイド: 天然木
スタンド: 18?8ステンレスパイプ直径19mm(肉厚1.0mm)
■重量/2.8kg
■耐荷重/50kg
■直径19mm(肉厚1.0mm)の18?8ステンレス製スタンドはヘビーな使用にも耐える設計


収納サイズを見れば分かりますが、『コンパクト』と言うよりも『省スペース』と言った感じです。

ロールテーブルではありませんので収納の際は天板分のスペースが必要になります。

しかし厚さが2.5cmなので、車にキャンプ道具を満載していてもちょっとした隙間があればスッと納める事ができます。

《設営》
こちらが収納状態になります

脚部は天板裏に格納されています

ロックを外し

脚を取り出します

脚を広げ

平らな方を天板裏に向けて置きます

ロックを二ヶ所閉じます

ひっくり返せば完成です!

慣れれば設営に1分もかかりませんよ^ ^


《使い勝手》
耐荷重50kgなのであらゆるキャンプ道具を乗せる事が可能です。

また、天板はステンレス板が張られているので熱々の鍋やダッチオーブン、コンロを置いてBBQも可能ですo(^o^)o


高さは37cmで、分類的にはロールテーブルになりますね。
やや低めですがローチェアは勿論の事、普通のチェアでもストレス無く使える高さとなっています。

《価格》
10年前、私が購入した時は5,000円前後だったと記憶していますが、現在の実勢価格は7,500円位のようです(^^;

これを高いと見るか、安いと見るかは個人によって別れるところですが、欲しいものは妥協せず手に入れた方がキャンプに行った時にワクワク出来る事は間違いありません(≧∀≦)

と言うことで、なんでも置けて様々なシチュエーションで使える『ユニフレームの焚き火テーブル』はオススメです!

ユニフレーム UNIFLAME 焚き火テーブル 682104

ユニフレーム UNIFLAME 焚き火テーブル 682104

以上、『キャンプの大定番 ユニフレーム 焚き火テーブルを使ってみての感想(使用レビュー、口コミ)』でした!
最後まで読んで頂きありがとうございました。
では、また(*・ω・)ノ


この記事がお役にたちましたら下のバナーを
ポチッと応援クリックお願いしますo(^o^)o
励みになります(笑)

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
【やっしー運営のその他のブログ】


twitterはじめました】
フォロー大歓迎です^ ^